エステに用いる看板の戦略・デザイン

美意識の高い女性に人気のエステですが、最近では一般的にインターネットや口コミなどから検索したのち、予約をして来店するというのは通常になっており、思いつきでエステに入るという事は少なくなってきています。
これは、内部の様子や金額をある程度把握しておかないと不安だという一般の人の心の表れなのではないでしょうか。
お店側としては、空いていれば急であってもお客さんには来てもらいたいわけですから、不安を持つことなく安心して入ることが出来るようなお店づくりに努めたいものです。
しかし、エステはもちろん個室になっており、外側から施術風景をみるということはどうしても出来ません。

そこで集客上、重要な役目を果たすのが看板です。
看板のデザインが安心出来るものかそうでないかで、たとえ予約をしているお客さんであっても入るのをやめてしまうという事もあるのですから、ここにはこだわりを持って制作するべきです。
安心出来る看板というのがどういったものか、それはひとそれぞれの価値観だと思われる方もいるかもしれませんが、やはりエステに通うお客さんにとって一番の不安要素が、店内の様子ですから、施術風景や内装などが分かりやすいような写真を載せるのがよいでしょう。
どこかから拾ってきたようなインターネットの画像を使用するのではなく、実際の現場での写真を使うというのもポイントです。
さらに、そこには施術を受けている人だけではなく、施術する側のスタッフの顔も載せるのが最適です。
どんな人に施術をしてもらうのかというのも不安のひとつですから、その様子が確認出来るものが外に設置されていれば、間違いなく不安は取り除かれますし、初めてのお客さんも増える事に期待が持てるのではないでしょうか。

また最近は、風俗的な店舗が混在していて、外から見ただけではどちらか分からないというような事態も起きています。
看板をあまりキラキラと派手なものにすると、いかがわしいお店と勘違いされてしまう恐れがありますから、全体の構成としてはシンプルですっきりとまとめる方がよいでしょう。
エステは、単に美しくなるというだけではなく、リラックスや癒しという側面も持っていますから、それを象徴するような穏やかなピンクやオレンジなどを中心にしたカラーにするのもよいかもしれません。

美容、リラックス、癒し、このそれぞれのテーマに合うようなカラーやデザインを考えることが大切なのではないでしょうか。