カフェにとって看板は顔のようなもの

カフェを開くにあたって必要なものは無数あって、味はもちろんのこと、居心地の良さというのも大切なものとなってきます。しかしそれらとは別に、飲食店に限りませんが、店というのは客となるだろう人たちに知ってもらって初めて成立するのです。すなわち宣伝であり、看板も重要なポイントとなってくるのです。特に最近になって多くなってきた隠れ家カフェなどの場合、個人の住宅を利用して店を行う場合が多く、看板というのは集客に関して大きな意味合いを占めてくるのです。

そもそも隠れ家的なコンセプトにした場合、そこが店だと分からないことにはお客さんも入って来てはくれないのです。そうなると営業努力も何もかも意味がなくなってしまい、まずはそこが飲食店であることを広く知ってもらう必要が出てくるのです。そのための看板であり、目的としては道行く人の目を惹きつけるのはもちろんのこと、しかし同時に店のコンセプトに沿ったものであることが求められてくるのです。これがずれると逆効果となる場合があるので、注意が必要となってくるのです。

そう、目立つだけならどんなデザインでも構わないのですが、あまりにも派手すぎると店のコンセプトに沿わなくなってしまい、客としても入るのに躊躇してしまうことになります。それゆえデザイン性というのは大切になってきて、専門家に依頼することが必要となってきます。専門店に頼むと高額になってしまう、だいたいの人はそう思われるでしょうが、実際に調べてみると初回はサービスということで、デザイン提案などを無償で行ってくれるところもあります。それゆえ調べてみるのがよく、宣伝を侮ると、営業は難しくなってしまうのです。

カフェにとってもっとも必要なのは味や居心地の良さだ、確かにその通りですが、まずは知ってもらわなければいけないのです。どれほど美味しくとも、飲んでもらえない、食べてもらわなければ分かってもらえず、机上の空論と変わりません。それゆえ看板のデザインにこだわることも大切で、自分でデザインすることもできますが、最初は多少の金銭がかかっても専門店に依頼するのがいいかと思います。看板というのはお店の顔のようなもので、ここにコンセプトの違和感が生じると、客足が鈍ってしまう原因となります。そういった無駄を避けるためにも、多少の金銭はこれからに対する投資を考えて、信頼できる専門店を探し出して作ってもらうことをおすすめします。