コルクボードの掲示板を活用する店

メモ用紙を貼り付けたり、印刷物を貼り付けたりすることができる掲示板は、うまく活用することができれば非常に便利な存在です。
特に一度取り付ける場所を決めてさえしまえば、メモや印刷物を貼り付けるという際に壁に直接画鋲を刺す必要もなくなるため、壁などを非常にきれいな状態に保ち続けることができるようになります。
なかでも特にインテリアとしても活躍してくれる掲示板が「コルクボード」ですが、これはどういった店で活用されているのでしょうか。
まず基本的に、コルクボードは通常のホワイトボードなどと比べると特に「温かみ」を感じられるようになっています。
手触りがやわらかく、色調が落ち着いているという特徴は、まさにコルクボードならではといえるでしょう。
そのためイタリアンレストランやカフェといったような、落ち着ける空間を演出したいというような飲食店では、日替わりのメニューや店側からのお知らせなどを貼り付けるのによく使われています。
お店の入り口などにつるして、おもてには「OPEN」、うらには「CLOSED」というような文字を書き入れることによって、営業時間かどうかをわかりやすくお客さんに知らせるというような使い方をしている場所も少なくありません。
こうした飲食店以外にも、書籍などをはじめとする小売店で使われることもあります。
特にその時に販売したいものが「ぬくもり」を大事にしているというようなものであれば、コルクボードは掲示板の中でも特にマッチしてくれますので、活用の幅が広くなるといえるでしょう。
またコルクボードの利点となるのが、直接ペンで文字を書くわけではないために劣化がしづらいということと、万が一劣化してしまったとしても、高官にさほどお金がかからないということです。
フックなどにつるす小型のボードであれば、買い換えたのちに個人で交換をすることができますし、枠にコルクをはめ込む大型のものであっても、樹脂や黒板といったようなものを張り替えるよりは安くつくことが多いのです。
加えて、コルクボードはもともとが植物からつくられるものとなっていますから、不要となったものを廃棄するというような場合であっても、環境に対して与える付加が非常に少ないというメリットがあります。
主に使用されている場所はカフェやイタリアンレストランなどの飲食店ですが、それ以外の場所であっても、何らかのお知らせなどをお客さんに知らせたいというようなお店であれば、どこでも活躍できる可能性があるといえるでしょう。