ステッカーの効果を高めるLEDサイン

LEDは、従来の白熱球や蛍光灯に代わる新たな照明の光源として、高い注目を集めるもので、その用途は非常に幅広いものとなっています。
LEDが持つ特徴として、通電時に発する熱が非常に少なく、使用する器具に高い耐熱性を必要としないのが利点です。
また、電力のロスが少なく、消費電力も非常に低いため、常時点灯させるような用途で使用しても、ランニングコストを大幅に削減することができるのも魅力の点です。
こうしたLEDの特性は、看板業界においても非常に活用できる場所の多いものです。
店舗や会社などに設置するメインの内照式看板や、袖看板などに使用することで、電気代の節約ができるほか、熱による表面のステッカーの劣化なども防ぐことが可能となります。
また、通常の蛍光灯などを光源にしたものに比べ、器具の厚みが少ないため、デザインの幅が広がるのも大きな利点です。
球切れを起こすことが無いので、メンテナンスのスパンも長くとることができるため、維持にかかる費用も節約することができるのも大きな利点です。
こうした大型の看板だけでなく、路上などに設置する自立型のLEDサインは、薄型で場所を取らないデザインで製作することが可能で、また導光板を使用することで、アクリルなどの透明素材の断面も光らせることができるため、ステッカーによるデザインをより効果的に魅せることも可能です。
LEDサインは薄型軽量に製作でき、また安価なステッカーを使用しても高級感のある仕上がりにすることができるため、屋内のフロアサインや案内表示といった用途にも最適です。
LEDサインを使用すれば、電源のコードも通常のものより細いものを使用することが可能なため、よりスタイリッシュな設置方法をとることができるのも魅力の点です。
LEDサインを効果的に使用するためには、その設計やデザインを十分に吟味することも重要となります。
特に蛍光灯などと比べた場合、光の拡散率や、面積当たりの照度などに違いがあるため、高い技術と豊富な知識経験を持った業者に製作を依頼することが大切です。
また、そうした特性を踏まえてデザインをする必要があるため、デザインやプランニングから製作、施工までを自社で取り扱うことができる業者を利用することも、クオリティの高い看板を作るには重要なこととなります。
そうした自社で一貫して対応できる業者であれば、余計なマージンなども発生しないため、コストの面でも多くのメリットを得ることができます。