ポスターでよく使われる書体

ポスターでよく使われる書体などは、ハッキリと見やすい文字を採用しています。当然誰が見ても分かる様な書体で無ければいけない事と、ポスターとしての役割をしっかりとさせる為に、読みにくい文字は採用されない様になっています。こうした書体などでも、ポスターのイメージがガラッと変わる事があり、例えばホラー映画などの広告を見ると文字が血の色となって恐怖感を演出するなどの工夫を凝らしています。

この様なイメージを広告に与える文字はこう言った形で人に与える印象などが違ってくる為応用などが必要となります。単純に文字を記載しているだけではなかなか伝えたい事などが伝わって来ない事があるのですが、ちょっとした応用で人に与える印象が変わる広告などは、先ほどのホラー映画の広告などの様な印象を与える事が出来ます。逆に選挙で使われている広告などは、皆に伝えなければ行けない兼ね合いも合って、名前などがひらがなで書かれている事が多い様です。これは有権者が投票する際に名前が分からないとインパクトが全く無かった事となって、投票してもらえない事になったりする様です。

こう言ったポスターの書体でイメージが変わる事が分かったので、色々な広告を皆に伝えやすくする事や、印象などを操作する事などは、応用などをしてみると良い物が出来るのかも知れません。もっと考えるとそう言った印象の操作が人に与える印象を変えるといった事になるので、ポスターなどの書体を操作しながらより印象深い広告の制作が出来る様です。

人が持つ印象と言うものは、広告制作者の意図が色々違ってくればそれなりにイメージを変える事にもつながります。もっと判りやすい印象操作を利用して明るい作品にしたり、真面目なものを作ってみたりと制作サイドで色々な事が出来る様です。レイアウトみたいな物は沢山ありますが、それらをキッチリと操作する事によってイメージを付ける事が出来ます。やはり広告だけでもこれほどまでにイメージが変わるので、広告の会社としては企業から委託されたイメージの物をより良い物とする為に色々な工夫が必要となります。

その中でモデルとなる人も、ある程度のキャラクターが備わっていますが、それを生かすも殺すも広告会社の腕一つとなるのかも知れません。ポスターに採用するモデルを決めて書体などを使ってイメージなどを考えながら企業に依頼された通りの物が出来て来るので制作会社は頼もしい限りです。