壁面看板の特徴・メリット

看板には、突き出し看板や袖看板、スタンド看板、のぼり旗など、様々な種類が存在します。
商売の広告としての効果は、立地や種類によって左右されやすいため、色々な条件を勘案して、最適な看板を選ぶ必要があります。
看板のうち、壁面看板は非常に多くのメリットを有しています。
壁面看板は、建物の壁面と一体となるように設置する看板で、金属製あるいはアクリル製などの板に文字などをプリント、彫刻、張り付けして作成します。彫刻により文字が浮き出るように加工された看板の場合、高級感が非常にアップすることになります。また、外壁部分の色合いと同調させて作成することも可能であるため、建物に違和感なく設置することも可能となります。
壁面に取り付け可能なため、自由な位置に設置が可能です。非常に大きなものから小さなものまで、種類は様々です。そのため、通行人の目に入りやすく、何のための建物であるかを明示できるため、広告効果は非常に高いのが特徴です。
出入り口付近に設置される壁面看板は、その建物の顔として機能することになります。社名や宣伝文句、印象に残るキャラクターなどがプリント、彫刻されていれば、見る者の注意を引きつけ、建物にへの誘因効果が期待できます。このような建物の顔としての効果は、従前の顧客への安心感を与えると共に、新規顧客の獲得に大きな効果を示すことが特徴的です。
壁面看板の設置は、壁面に直接取り付けとなるため、支柱などを必要としていないことも特徴となります。壁面を有効活用できるため、施設の外面を有効活用できます。設置場所に平面、曲面を選ばないため、自由度の高い設置が可能となります。屋外にのぼり旗などを設置するスペースがない場合や、その他の看板を設置することが困難な場合などでも利用することが可能です。
壁面看板は、ネオンやスポットライトなどの各種照明と連携させて用いることができます。これにより、夜間であっても明確に認識することが可能となり、昼夜を問わず看板としての効果が発揮できることになります。また、使用するネオンやスポットライトの種類によっては、建物内部のイメージやコンセプトをダイレクトに伝達することが可能です。また、電光掲示板を併設することにより、壁面看板と動的な広告の組み合わせは、非常に大きな宣伝効果が期待されます。このように、看板を単体で用いず、様々な装置と組み合わせて利用することで効果を倍増させることができます。