工事現場で見かけた看板

街中の数多くの場所で活躍をしている看板ですが、工事現場などの特殊な場所であっても常に利用されているものになります。
実際に工事現場で見かけることのある看板としては、まずは、工事を担当しているスタッフ用に製作されているものがあります。
例えばヘルメットの着用を指示する内容のものや、タバコなどの火器類の持ち込みを禁止している看板、重機やダンプなどが搬入する際に誘導するための看板なども多く目にすることがあります。
また、道路工事などを行っている場面では、一般的な市民に対して注意を促す内容を持っているものも多く、例えばこの先20メートル先で工事中との表記や、地面に段差があることを伝える内容のもの、そもそもの工事内容の詳細として、工事の目的や工事期間、工事を請け負っている業者名などが記載されているものも工事現場では多く見ることができます。

工事現場の場合では、危険が生じる可能性を持っているケースが多いために、基本的には注意喚起用として利用されているものがメインとされています。
道路上では他には片側交互通行を行っている旨を伝えるためのものも目にすることができ、工事中であることをお詫びする内容が記載されているものも多い傾向にあります。
他には商業施設などの建造物などを建設している工事現場では、その工事内容の詳細が記されたものや、頭上に注意する旨を伝えるもの、逆に足もとに対して注意を促す内容を持っているものも使用されています。
現在では工事現場の看板に変化が見られるようになり、古い時代では実用性に重点を置いて制作されているものが多い傾向にありましたが、近年では動物や各種キャラクターなどをモチーフにしているユニークな看板も多く設置されているものを目にすることができます。
また、夜間であっても安全性を確保するために、照明ライトを設置しているものや、内部に照明器具が備わっており、単独で発光できるタイプなども用意されています。
現場によっては非常に数多くの種類のものが用いられていて、視覚的にも楽しめるものも登場しています。
例えば建設現場の場合では、埃や塵が周囲に飛散してしまうことが無いように周囲を取り囲むように金属製のボードで区切られている部分も目にすることができますが、そのボードに対しても、現在ではアート感覚でデザインが施されているものも多く見ることができ、周囲の環境に配慮されているものが活躍している場面が増えています。