整骨院・接骨院に用いる看板の戦略・デザイン

整骨院・接骨院とは、柔道整復師という治療師により、骨や筋肉、関節の不調を改善する施術を行っている治療院です。古くはほねつぎとも呼ばれていたもので、非常に長い歴史を持っています。脱臼やぎっくり腰と呼ばれる腰痛、寝違え、むちうち等の急性の症状を専門分野にしており、これらについては健康保険が適用される保険診療に分類されています。

整骨院・接骨院で施術を行っている柔道整復師は国家資格であり、資格なしで業務を行う事は出来ません。柔道の技術を応用しての施術であり、基本的には手技で行います。損傷した部位を正常な状態に整え、体に備わっている自然治癒力を引き出す事により痛みや不調を改善するという内容です。メスの使用や医薬品の投与等が行われる事はありません。

さらに、整骨院・接骨院では、慢性の腰痛や肩こりに対しての治療も行っています。柔道整復師以外の治療師である鍼灸師や、整体師等が在籍しているケースもあり、これらの技術も取り入れられています。さらに、現在では柔道整復師の知識や技術を生かしての美容目的の施術も行っており、幅広いサービスが提供されています。

このように多様となっている施術の内容を、いかにアピールするのかが整骨院・接骨院の看板での戦略となります。他の治療院との差別化を図る様な内容も問われるので、文言だけではなく、どのようなデザインを施すのかも重要なポイントです。ありきたりの看板では、近年増加している整骨院・接骨院の中に埋もれてしまう可能性があります。

しかし、健康を改善するというのが業務内容であるので、単に目立てばよいというわけでもありません。奇抜なデザインの看板を掲げて目立ったからといって、信用を高めることにはつながらないからです。人目を引くだけではなく、誠実性も表現しなくてはなりません。

看板工事全般を取り扱っている業者では、多様な希望に合わせて適切なサービスを提供しています。整骨院・接骨院の看板製作も多数行っており、様々な相談にも応じています。個性をアピールした上で、誠実さも表現しなくてはならないという難しい注文に対しても、的確な対応を期待する事が出来ます。取り扱っている負傷や保険の内容や診療時間等の必要な文言を入れた上で、人目を引く様なデザインを施しています。

看板業者を選択する上で参考となるのは、利用者の感想を記した口コミです。様々な内容の口コミがあるので、貴重な参考材料としての利用が可能です。