歯医者に用いる看板の戦略・デザイン

日常生活において、買い物をするお店や、食事をするレストラン、コーヒーを飲む喫茶店などを選ぶとき、初めて利用するお店であれば、外観から選ぶことになります。看板は、お客様にお店のイメージを伝え、入店意欲を刺激することを目的として活用されるアイテムです。
このことは、人が利用するすべての施設についても言えることであり、歯科クリニックなども同じように考えられるのではないでしょうか。
銀座のある小児歯科クリニックでは、クリニックの名前をアート風にデザインして看板にしています。日本の子供が通う歯医者さんですが、見ただけでは歯科クリニックだと言うことが分かりづらいと感じられます。注文者と製作者の間では、きっと話し合いが行われ、結果として作成されたものだと思われますが、その思いが患者さんに伝わるかは難しい印象を受けました。
東京などの都心には、驚くほど多くの歯科クリニックがあります。ですが、人口減少が大きな社会問題となる中で、患者数も減少傾向にあります。特に、子どもの出生数は減少を続けていますので、小児歯科においては、患者獲得のために工夫をされているところが多いのではないでしょうか。
銀座の小児歯科にも、待合室にはキッズスペースが設けてあり、ぬいぐるみや絵本、子供の遊具などを揃えています。一度来院すれば、小さなお子様の患者は、通院を拒まないかも知れません。そのためには、まず初診を受けてもらう必要がありますので、クリニックにおける看板のデザインは非常に大切な存在です。
オフィス街や商業施設の多いエリアにクリニックを開設するのであれば、大人の患者さんをターゲットにしたオシャレなデザインを用いるのも効果的かも知れません。ターゲットを明確にして戦力的なデザインの工夫が必要となってきているのではないでしょうか。
株式会社ハックスターは、看板の企画提案・製作施工を行う会社です。もしも、看板で悩まれているなら、一度この会社のホームページを参考にすることをお勧めします。販促ツールについて力を発揮する会社ですので、素人では気づかないことに、気づかせてくれる可能性があります。施工事例を見てみると、多彩なデザインの事例が溢れています。これは、仕事に一律性を求めない企業の姿勢の表れでしょう。また、看板の働きを分かりやすい言葉で説明しているページがあります。お客様(患者さん)の目線で考え、まず店舗(クリニック)を見つけてもらうことが大切であり、次に店舗(クリニック)の魅力を伝え、誘導することを目的に設置するのが重要だと書かれています。