目印になりやすい看板とは

看板は店の顔ですが、店の宣伝をするだけに使われる訳ではありません。
わかりにくい立地の店へ案内する為に大通りに看板を設置して目印にする場合もあります。
そういった場合にはその看板自体も見やすくて見つけやすい物にする必要があります。
そういった時に大切なのはデザインです。出来るだけ派手なデザインにする必要がある場合には絵以外にも目印になる何かを取り付けます。
例えば鶏のハリボテを看板に取り付けて、風が吹くとその鶏が回って人々の目に付きやすくなります。
道案内をする為の看板は、店の物よりももっと見やすいデザインにする事が大切です。そして立地条件が悪い店は集客方法が無いので、口コミによる集客は見込めません。
そういう場合にはこの看板で集客を即す事が最重要であるので、しっかりとした目印になる物を作る事が大切です。色は必ず赤を使用します。
赤は街中でも少なくて、赤を使用しているだけで目に付きます。これ以外の色や赤は赤でも暗い赤を使用してしまうと、街中の他の物に埋もれてしまって発見されづらくなります。
赤を使用したデザインであっても、そのデザインも重要です。大きな矢印を描くなどの人々が普段から見慣れている形の物を描く事が大切です。
人々は矢印を普段から見ていても、小さい矢印やそれほど大きくない矢印を見ています。つまり人々の矢印への印象は小さく描かれている物であるということです。
そういった印象である矢印が特大サイズで描かれていれば、あれはなんだろうと思って見る事になります。
そうやって見てもらって初めて店の名前を人々に知ってもらう事になります。時間に余裕がある人で無ければ行ってみようとは考えてくれません。
周辺の店に詳しい人で時間に余裕が無い場合には、安全の為に行きつけの店で食事を取るということになります。
そういった人にも来てもらえるように興味を引くことが大切です。矢印以外にも人々が見慣れていない物は多く存在しています。
例えば動物を描いたり、一際ポップなデザインを施します。町を歩いてみればわかりますが、ほとんどの宣伝媒体がシンプルであったりオシャレなデザインになっています。
非常にわかりやすくて良いですが、宣伝効果や興味を引く要素としては今ひとつです。知名度が無い店であればある程にまずは知名度を上げる必要があるので、出来るだけ派手なデザインにする事が大切です。
そしてシンプルなデザインにする時でも、他の店ではやっていないデザインにする事が重要です。