看板の耐用年数はどのぐらい?

どれだけ頑丈な素材で作られていたとしても、長年雨風に晒され続けているような看板はメンテナンスを受けて腐食の有無を確認すべきであると言えます。点灯しなくなった蛍光灯を取り替えるといったことは行っていても、メンテナンスを行わず土台などの腐食を見逃しているといった土地管理者や店舗運営者は多いため、まだ必要ないと個人的に感じていたとしても定期的に点検を受けるべきだと言えるのです。
では看板の耐用年数はどのくらいであり、どの程度の間隔でメンテナンスを受ければいいのかというの、概ね看板の耐用年数は10年から20年であるとされており、メンテナンスは10年に一度は受けるべきであるとされております。
看板の耐用年数は使用されている素材によりかなり幅がでることでも知られています。ステンレス製の物はアルミやアクリル製の物に比べ錆や反りに強く耐用年数が長いと言われています、しかしその分金額もアルミやアクリルより若干上がるということからアルミやアクリル製を選ぶという業者も多いのです。また看板の表示方法は印刷方式やシート方式、腐食エッチングや彫刻など様々であると言えます。その中でも耐候性の高さが特徴となっているのがエッチング表示方法となっており、学校や公共施設の銘板として広く採用されているといった特長があるのです。エッチング方法を利用しているか否かによっても年数に開きが生じると言えるため、素材だけでなく様々な要素が絡んでくるということを記憶しておくといいでしょう。
もちろん手入れをしっかりと行っておけば見た目だけでなく腐食などを防げると言えるため、業者に任せる形でのメンテナンスだけでなく、個人的な手入れも長持ちを目指すなら有効だということを覚えておくといいでしょう。外部で使用する場合は特に、乾拭きで毎日手入れをするだけで余計なメンテナンス費用の節減に繋がったり、雨跡などを消すことで表面部分のきれいさを保つことにも繋がるため、小まめな清掃などを行っておくべきであると言えるでしょう。
しかし20年も同じ看板を利用していれば必ずといっていいほど古さが目立ってきてしまうものです。耐久年数的にまだ問題なさそうだという判断がなされたとしても、見た目がみすぼらしくなってしまっては元も子もないので、20年も経てばそろそろ交換時期だと認識して、専門業者に取替え作業などを依頼することを検討してみるといいと言えるのです。