看板デザインのサンプルを見て参考にする

レストランやカフェ、歯科医院や整骨院、ホテルやリラクゼーション施設など、さまざまな施設を運営していく際には、施設の雰囲気と合った外観デザインを心がけるのが一般的です。しかし、それだけでは不十分なものです。さらに見た人に良い印象を与えるためには、看板に凝ることが大切です。

看板だと、ユニークな形にするだけでなく、その内容に文字やイラスト、写真と言った色々な素材を組み合わせることができますから、かなり幅広い表現の仕方ができるようになります。見た人の心にストレートに響くようなデザインにしたり、潜在意識に働きかけるようなデザインにするなど、より効果的な形で設置することが大切と言えます。

なお、そうするために頭の中で色々とイメージをしたり、アイデアを出したりすることも大切ですが、その方法では限界があるものです。一番良いのは、サンプルとして、実際に街にあるお店を観察してみることです。
何か物を買う時と言うのは、サンプル商品で一度試してみたりすると安心して購入できるものです。看板も同じで、サンプルとなる物を見て参考にした上で考えを練っていくことが、良い看板作りをする近道と言えます。

例えば、大通りに面した施設の場合、施設の前に魅力的な看板を設置したとしても、車を運転していると、関係のない所でいきなり真横を向くような運転はできませんから、気付かれないことがあります。
そこで役に立つのが、自立サインと呼ばれるタイプです。これは建物とは独立して設置されるもので、道路の近い所に設置することもできますから、ドライバーが自然な形で認識することができるため、とても便利です。

また、スタンドタイプの物もあります。これは、自立サインとは違って、よく建物のすぐ前に設置されるタイプです。形状は色々とありますが、内容は施設によってかなり異なるものです。飲食店であれば、期間限定のおすすめメニューを大きく載せたり、主要メニューをいくつか載せたり、細かな情報をいくつも入れるなど、お店のアピールポイントを明確にして、強調させていく作りになっているものです。

店内の様子が見えない外観デザインで、建物自体にも建物の前にも、詳細が分かるような情報が載っていない場合には、なかなかお店に入りづらいものです。スタンドタイプの物を設置することで、見た人の警戒心をなくしやすくできますから、お店の雰囲気が壊れないようであれば、やってみても良いものです。