看板製作をするための流れ

看板は宣伝や広告のために使われる木やプラスチックまたは金属などの板を利用して、そこに宣伝や広告の内容をペイントまたは造形したものです。看板の目的はさまざまですが、店舗に直接取り付けるものであれば、そのお店の存在を周囲に知らすための機能をもち、また道路沿いに設置する看板の場合には、その店舗などの場所を知らすための役目を果たしています。

看板は一般的には耐久性のある素材が使われ数年程度は耐えられるものが使われます。古くは木製看板が主流でしたが、その後、木製の枠にトタン板などを取り付けてペイントしたものやホーローといった素材が使われていました。近年は軽量で耐久性のあるアルミ複合板が広く使われています。またペイントも色を塗るのではなくカットシートを利用したものが使われるようになっています。このほか平面的な看板のほかにも文字を浮き上がらせたりする立体的に造形した看板の製作がされています。

看板製作をする場合には、専門の業者に依頼するのが一般的です。看板そのものは単純な仕組みであるため、個人でも看板製作することが可能ですが、個人で製作したものは製作費用が掛かる上に耐久性にやや欠けます。看板製作を業者に依頼した場合の流れとしては、デザインおよびサイズの打ち合わせ、看板の素材などを決めてから製作を開始します。なお、看板製作では看板の製作のみの場合と取り付けまでを行っている場合に分かれます。製作だけをしてもらう場合には、製作するだけの費用だけなので、最低限の費用で看板を製作してもらえますが、設置場所を用意する必要があります。また小型の看板であれば、看板だけ製作してもらっても扱いに困ることはありませんが、大型看板の場合には設置に人手が必要ですし、しっかりとした場所に固定する必要があるため、業者に依頼するのが無難です。

なお、看板設置までの流れをスムーズにするには事前に看板を製作する理由を理解しておく必要があります。一般的に製作までの流れとしては、デザインを決めることであり設置した場所との見た目を考慮する必要があります。それらを確認する方法としては、設置したい場所の写真を使って、写真に書き込むことで知ることができます。この方法では、デザインを優先して看板を決めることができるメリットがありますが、デザインを重視し過ぎると大きくなりがちでそのぶん費用がかさむことになります。また大型の看板を作るさいには自治体などの条例などに気をつける必要があります。