飲食店に用いる看板の戦略・デザイン

飲食店の看板ほど難しいことはありません。店舗の外装に影響を与えるからです。また和食、中華など外装からわかりやすいデザインにした場合、看板もデザインに制限がでてくるからです。それでも差別化を考えると何らかの宣伝効果を狙った対策が必要になります。
喫茶、軽食からファーストフード、和食、中華、そして洋食に至ってはイタリアン、フレンチなど細かくジャンル分けされているのが日本の飲食店です。店の規模もまちまちでメニュー数も少ないものから多いものまで多彩です。そのような飲食店の看板には王道だけではなく、スタンダートが存在しないと言ってもいいでしょう。また看板については、店舗に存在しないというものもあります店舗に設置されている常設のものから毎日、毎回書き換え可能なもの、店舗にはなく目印となる通りに出してあるものまであります。
日本には看板の無い飲食店が多数存在します。和食については表札のような店舗名とのれん、というようなシンプルな店構えが多数あります。料亭の場合は普通の家のような作りになっている場合、表札のみというものがまだあります。予約のみの場合は十分に商売が成り立つので宣伝効果を考える必要がないのです。また立地場所によっては設置ができない、あるいはデザインに制限があるため設置をあきらめていることも考えられます。地域の景観を損ねることがないように厳しい審査を設けているものもあります。景観については店舗の外装にも影響を及ぼすことがあり、ファーストフードのチェーン店にもかかわらず、色味を変えた、他の店舗とは違う外装で開店、ということもあります。こういうケースは、地方自治体の条例などで景観について厳しい制限を定められているためです。当然看板についても制限があるため、出店を諦める業者もいることでしょう。
手書きなどを利用している飲食店はジャンルを問わず存在していますが共通しているのは、その日何を仕入れてきたなど、おすすめメニューが毎日変わるときなどです。仕入れ状況によっては提供できない料理やサービスがある場合には手書きがとても便利だからです。毎日書き換えることで材料の鮮度や、調理法などを紹介することでお店のアピールをできるからです。
デザインで悩む、内容で悩むなど飲食店の宣伝は難しいことだらけです。それでも「売り」があれば差別化を図ることが出来るのも事実です。本業が軌道に乗るまでは、焦って設置をしなくても問題はないでしょう。