LEDサインをカフェで使うことの効果は?

昨今の飲食業界も競争環境が激化しています。
一定地域に複数店舗の展開も珍しくなく、いかにして他店に対して競争優位性を発揮するかが地域一番店を目指すうえで欠かせません。
そのためには、もちろん、お店の個性化が欠かせません。
店舗独自のサービスシステムの構築を通して、顧客の囲い込みが最優先課題となります。
これはカフェも例外ではありません。
カフェは、ビジネスマンの昼食の場であったり、フランクな話し合いの場であったり、または学生の憩いの場であったりとその役目は多岐にわたります。
しかしながら最大の問題は、どのようにすればお客様を集客できるのかということにあります。
これから新たに新規出店する場合、これまでの営業しているがさらに集客を図りたい場合とその目的は様々ですが、営業を継続するためには避けて通れない課題です。
では、まず集客をする上で重要なことは何かを考えて見ます。
ここでAIDMAの法則というビジネス手法をご紹介します。
それぞれ頭文字をとりましてアテンション、注目をいかにあびるかということです。
インタレストとはいかに興味を喚起するかということです。
デザイアとは欲求を喚起するということです。
アクションとは行動につなげるということです。
お客様を効率的に集客するにはこれらの要素を充実させなければなりません。
そこで例えばLEDサイン等はこれに適しているといえます。
まず、注目を浴びることが必要となりますが、注目を浴びるには目にとまらなければなりません。
人が目につくには、光の点滅等はとても効果的です。
特にLEDサインは日中でも目立つため、夜間はもちろん、日中でも効果的なのです。
さらに、興味を喚起することが必要ですが、これについてもサインの種類によっては希望の文字を表示させる機能があるものもあります。
そこで対象とするターゲットに訴求することができる魅力的なサービスを訴えることができれば効果的といえます。
このようにして注目、興味を喚起することで店頭で足を止めてもらえば、あとは店頭の魅力を上げることで来店につなげることができるのです。
そのためには来店してもらいたいターゲットを明確にすることが大切なのです。
このようにして戦略的にLEDサインを用いれば、カフェの集客を効果的に上げることができるのです。
競争環境が激化している今、カフェの競合は異業種のコンビニエンスストアにも広がっています。
戦略的にこういったLEDサインなどを用いることが大切になっています。