飲食店の看板の特徴

飲食店施工例

食欲を刺激する暖色使いが
ポイント

居酒屋やラーメン店、カフェ、レストラン等、飲食店の看板は提供商品・価格帯やターゲットによって様々です。低価格帯の商品がメインの飲食店の場合には、シズル感たっぷりの料理写真や金額を大体的に掲示して訴求力をあげます。対して高級志向の飲食店では料理の写真などは敢えて掲示せず、高級感のある立体文字看板など、お店全体の雰囲気づくりを重視して、お客様の満足度を上げる効果を狙います。また、飲食店の看板は食欲を刺激する赤・黄色・オレンジなどの暖色系の色使いがメインで、青などの寒色系はあまり使われません。

飲食店施工例

訴求力のある看板商品は
大々的に。

一押しメニューや主力商品はできるだけ大きく掲示して見る人に強くアピールしましょう。 大きなスペースがある看板ほど情報を詰め込みがちになりますが、潔く看板メニューだけを ピックアップすることで分かりやすく、お店の魅力や強みを伝えることが出来る看板デザインとなります。 看板メニューがある飲食店とそうでない飲食店ではやはり、入りやすさに大きな違いが出ます。 魅力的な商品構成をしている飲食店ほど、看板も分かりやすく、良い物になる傾向があります。

飲食店施工例

季節メニュー等、定期的に
情報を差し替えられる看板を。

タペストリーや懸垂幕、ポスタースタンドやは比較的安価に情報を差し替えが可能で、 常に新鮮な情報をお客様にアピールすることが可能な飲食店向きの看板です。居酒屋の季節メニューやカフェのランチメニュー、イベント情報等を定期的に更新することで お客様に飽きることなく来店していただくことができます。また、手描きのチョークボードやマーカーボードであれば毎日書き換えが可能です。 このような看板はメインの看板とは別に、店頭やお客様の動線に合わせて設置することがおすすめです。


担当スタッフから一言

飲食店の看板をご依頼のお客様は、料理画像やメニュー、金額等、非常に多く情報を記載したいと 希望されるお客様が多いのが現状です。しかし、情報が多くなればひとつひとつのサイズが小さくなってしまい、 結果的に何を訴えたいのかわからない中途半端な看板になってしまうことも少なくありません。 やはり飲食店の看板は第一印象のインパクトで「食べたい!入ってみたい!」と思ってもらう事が重要ですので、 看板商品をドーンと大きく扱うことをおすすめします。

POINTまずはお気軽に無料提案からお試しください!

無料提案の例を見る「完成イメージをわかりやすく無料合成提案します。」