summer perochan

自粛自粛でおうちにこもってばかりで
話題がなくてブログを止めてましたすみません
デザイナーの馬場です、こんにちは。

趣味の話を書いているうちに
収拾がつかなくなりそうだったので
我が家のペロちゃんの話題にチェンジ。

ペロちゃん夏仕様になりました。

トリマーさんのインスタ↓
https://www.instagram.com/p/CQdhIKhjEZE/?utm_medium=copy_link

足をびよーんと伸ばしてる動画がいつもアップされますw
ペロちゃん式お座りの最上級かもしれません。

おうちでもいつも伸びてます。
とろけて固まってキャラメルになるのかな。

それだけリラックスできてるってことかなと思うと
よかったなって思います^^

ペロちゃん3歳。

 

最後はお手ペロでまたね~

ながら運動

こんにちは、事務の大野です。

コロナ禍で家にいることが多く運動不足になってきたので何かしないと!と思っていたのですが、
ジムに通うのは面倒くさいな~
外歩くと日焼けするな~

こんな調子で過ごしていたら、ネットでいい商品見つけました。

 

そう!フィットネスバイクです。

静音性の高いマグネット式で、さらにスマホを置く所があるので
ゲームしたり、動画やテレビを見ながら漕いでいます。

 

そしてなんといっても折りたたむとコンパクトになるところが
購入の決め手になりました。

天気に左右されないのでいつでも運動できますし、
値段も手頃なので、一家に一台オススメです!

青年期

営業の藤原です。

コロナのおかげで娯楽もいろいろと制限されてこれといったブログネタもございませんので
前回の話でも続けますか・・・。

前回の話はコチラ→幼少期の頃の話。

猛獣に囲まれてそれが当たり前だと思って過ごしていた幼少期。

成長するにつれてそれが普通ではないと気が付き始めた青年期。

中学生になるころには少年の心にも大人の気持ちが芽生え始め、一端に反抗期を迎えます。

ただ家業がサーカスなのでおそらく一般家庭で迎えるそれとはだいぶ中身が違っていたのかもしれません。

「お前なんかしまじろう(トラ)のエサになっちまえ!」だの
「おれのほうが熊田(クマ)よりチャリンコ乗るの上手い」だの
「ゾウが言うこと聞かなくてムカつく!」だの
「空中ブランコのペアの手がいつも湿ってて最悪」だのだのだの・・・。

ファミコン等のテレビゲームの普及もありちょうどその頃から娯楽の種類や幅が広がってきたこともあり、
サーカス団の経営が厳しくなってきたのも事実で、そういった理由からも古臭い商売だなと反抗をしてしまっていたのかもしれません。

この頃からサーカスの猛獣たちもサーカスだけでなく「アニマルモデル」の仕事を兼業するようになりました。

割と有名処の企業CMにも起用されていました。

CM撮影があった日のご飯は人間も動物もいつもより少し豪華だったのを覚えています。

トラもクマも平均的な寿命はおよそ15年~20年と言われています。

動物たちも歳を取ってだんだん動きが鈍くなり、以前には軽くこなしていた芸も出来なくなってきます。

かといって代わりの動物たちを新しく迎える余裕もなく、「今いる子たちの寿命が来たら団を解散する」と
いつからか父親が言い始めたこともあり自分自身の身の振り方も考えなくてはならなくなり始めましたが
その話はまた気が向いたときに続けるとして・・・。

※この話は全てフィクションです。